知っておきたい物流とコンサルティングの深い関係

物流とコンサルティングが良好な関係を築くことで、期待できるメリットが多くあることを知らない人も多いでしょう。物流とは物的流通の略称であり、輸送から保管、包装などを含めて商品が消費者へ届くまでの過程を指します。また、コンサルティングとは企業などが抱えている問題点や悩みを把握し、知識やノウハウを活かして対策の提案を行うことを指し、コンサルティングを行う人のことをコンサルタントといいます。近年よく聞かれるようになった言葉ですが、物流に関しては物流コンサルタントという物流やロジスティクスを専門とするコンサルタントがいます。ただし、一言で物流コンサルタントといっても、どのような切り口で物流を最適な形にするのか、コンサルタント自身の強みによってその内容も細分化されるといえるでしょう。

物流と物流のコンサルティングにおける関係性

物流のコンサルティングを行う物流コンサルタントにとって、依頼人やクライアントと呼ばれる存在となるのは荷物の出荷元となる企業やメーカー、運送会社に依頼を行うメーカーや卸会社、または運送会社や倉庫会社など物流企業です。クライアントが抱えている物流に関する問題や、課題に対して最適な解決策を提案するのがクライアントの仕事といえますが、その内容は様々です。例えば、保管や配送など業務内容に関することから現場の改善、会社全体の方針や経営の戦略に関わる重要な部分に至るまで、コンサルティングの内容は多岐に渡るといえるでしょう。また、アパレルや食品などクライアントが所属している業界によって必要となる知識や経験に専門性が要求される場合もあります。クライアントの立場となった場合、事前にコンサルタント側が行った仕事の前例や、強みとしている部分を参考にしてみるのも良いでしょう。

物流のコンサルティングを依頼するメリット

物流においても、コンサルティングを依頼するということはコストがかかります。メリットを知ることは、導入するかどうか検討するうえでもとても重要なポイントとなるでしょう。まずは豊富な経験と知識、専門性の高い提案を受けることができる点が挙げられます。またクライアントが抱える慣例や、常識に捉われることのない第三者という立場の目線から提案が受けられるということも大きなメリットといえるでしょう。コンサルティングを行っている企業のホームページでは仕事の前例を紹介していることもありますが、他の会社や業界における情報や前例をふまえた視野の広い提案も、新たな切り口として考えることができます。あえてコンサルティングを導入しないという観点から見たときのコストや、時間的なロスを考えれば、プロに任せることで最小限の負荷で成果を出すことが期待できるといえるでしょう。

撮影についてはページで記載しております。 量販店・メーカー様・小売店の出荷代行サービスだけでなく、返品処理にも対応しております。 輸出入で必要な通関業者をご紹介可能です。 物流コンサルティングも展開していることからアウトソーシング以外でもお手伝いさせて頂きます。 発送業務のお悩みも解決!様々なサービスで販売力のサポートをします。EC(ネットショップ)発送代行サービス。 物流のコンサルティングをお探しの方へおすすめしているサイトです