コンサルティングの存在が未来の物流を変える

企業の現状を観察して課題の抽出と分析を行い、業務の改善の解決策を提案していき、現場へ導入したり、運用するまでサポートすることをコンサルティングといいます。物流コンサルティングとは、物流を専門としたコンサルティングのことです。企業は商品を生産するだけではなく、消費者へ届けることで利益を生むことができます。商品配送を担う物流は、経済の基盤を支える最も重要な役割を担っています。物流会社の倉庫・配送管理業務を、より円滑効率化的に変革改善することは、単に物流会社の経営改善にとどまらず日本経済全体の成長につながる、重要な課題です。物流コンサルティングは、専門知識を持つコンサルタントが業務の問題点を把握し、多角的な視点からの解決策を提案します。物流コンサルティングの活用により、倉庫・配送業務の効率化を実現することができます。

コンサルティングが物流に与える影響

企業利益の拡大に貢献する利益源は、売上高の増大や製造・仕入原価の低減だけではありません。物流コストの低減は、売上高増加と同じ利益効果が期待できるため、第三の利潤源と言われています。しかし物流コストの低減を企業活動の本流ではないため、十分な取り組みが行われていないのが現状です。物流課題は、コストカット・物流効率の向上・納品サービスレベルの向上など多岐に渡ります。これらの課題を解決していくためには、物流ネットワーク・在庫配置など物流の基本構造の再構築が必要です。人員配置や物流施設の改善だけでは、物流コストの低減を実現するには限界があるためです。物流の基本構造そのものを見直し再構築するためには、物流コンサルティングの活用が有効です。物流に特化したコンサルタントが、企業の抱えている物流課題を的確に把握・抽出し、業務改善の解決策を提案していきます。

コンサルティングの存在が重要性を増す物流業界

物流業界では最近、人手不足が深刻化しています。スマートフォンを経由したネット通販は今後も増加する傾向にあり、従来型の物流サービスは限界を迎えつつあります。注文から商品到着までの時間短縮合戦が、ネット通販会社間で熾烈を極めているためです。物流業界における深刻な人手不足を解消するため、無人運転技術の確立、ドローンやデリバリーロボットの実現化、人工知能(AI)搭載のピッキングロボットによる積込や仕分作業の機械化など、デジタルテクノロジーを用いた新たな取り組みやサービスの創出が実現化しつつあります。物流コンサルティングは企業の物流課題の抽出と分析を的確に行い、悲鳴を上げる物流現場に最適なソリューションを提案して、現場に導入・運用するまでサポートする事ができます。物流サービス供給と消費者のニーズとの柔軟な着地点を探るために、物流コンサルティングの存在は今後ますます重要になります。