新たな可能性を秘めた物流とコンサルティングの関係性

物流とは物的流通の略で、生産品を生産者から消費者へ引き渡す事です。主な機能としては、輸送や配送があります。その他にも保管や荷役、梱包や流通加工、物流情報処理があります。その中でも、輸送、保管、荷役、包装、流通加工を物流5大機能と呼んでいます。物流は4領域に分ける事が出来ます。一つ目は調達物流、二つ目は販売物流、三つ目は社内物流、四つ目は返品物流です。簡単に言えば物を運ぶプロセスの事ですが、細かくみていくとさまざまな機能があるという事がわかります。今や付加価値が生じ、早く安くという事だけでなく、確実に届けるという事が盛んになっています。大震災発生時、物流が機能しなくては生活が成り立たない事が再認識されたのが理由でしょう。では、コンサルティングとの関係性をみていきましょう。

コンサルティングとは何か解説します

コンサルティングとは、企業に対して解決策を示して、その発展を手助けする業務を行う事、またはその業務そのものです。語義的には相談に乗る事です。ですので、保険会社の営業職や転職斡旋企業の代理人なども、相談を受けると言う観点からすると、コンサルトという事になります。専門的な知識を持った第三者の目から問題を紐解き、解決に向かって導いてくれるというのが、コンサルティングの役目です。外部からの視野により、自社の概要がしっかりと見えてきますし、根本的な問題も見えてきます。それらを解決していく事により、企業の発展へとつながるのです。つまり、ひとつの企業に対していろいろな方面のコンサルティングが必要な場合もあります。もちろん、それぞれに専門家がいます。では、物流との関係性についてみていきましょう。

物流とコンサルティングの関係性とは

物流に対するコンサルティングは、課題を感じている企業に対して解決策を提示する事です。長年物流業界に携わった専門家が、物流コンサルティングとして活躍しています。企業によって、悩みや課題、解決法は変わってきます。ですので、それぞれの企業の課題に沿った解決策が必要となってきます。主な課題として挙げられるのは、配送コスト、物流拠点や保管に関する事、物流業務全体の構築などです。具体的には、効率的な業務システムを構築し、円滑にする事でコストカットをします。また物流システムの見直しや再構築により無駄を無くしたりもします。プロフェッショナルならではの意見で、今までにないシステム構築が可能になりますし、社内ルールやしがらみに捕らわれないので新たな可能性を見出す事も出来ます。費用はかかりますが、自社で問題を抱えたまま何とかしようとしても、難しいものです。専門家ならではの知識が企業を救うのです。